取締役の新時代視点と意思決定力強化セミナー

構造改革の推進者としての覚悟を決める ~大局観、使命感、決断力~

バブル崩壊後から現在に至るまでの、日本経済が長期にわたり停滞した期間は“失われた30年”と表現されています。このような日本経済にとって困難な時期でも経営努力を続け、イノベーションを生み出し、発展した企業があります。

本セミナーでは、成長を続けている日本企業の戦略や哲学等から自社の構造改革に向けた示唆を得るとともに、自身の軸を確立し、構造改革の推進者としての覚悟を身につけ、経営課題に対する迅速な意思決定力を養うことを目指します。困難な状況を乗り越え、成長を遂げた企業が持つ柔軟な思考と攻めの姿勢は、これからの経営環境で成功するための重要なスキルであり、そこから得られる学びは自社のさらなる成長へのヒントとなるでしょう。

構造改革の推進者としての覚悟

ねらい

  • 海外企業と日本企業の比較や経営トレンドの歴史的な変遷などから、大局観を養う
  • 成長を続ける日本企業の戦略、哲学、ビジネスモデル等から自社の構造改革に向けた示唆を得る
  • 経営幹部(取締役)としての「モノの見方」、「意思決定の拠り所(軸)」を確立する

セミナー概要

セミナー名
取締役の新時代視点と意思決定力強化セミナー
会 場
東京都内(予定)
会 期
2日間 通い
  • 1日目

    2024年10月10日[木]

  • 2日目

    2024年11月29日[金]

定 員
対 象
取締役
受講料
  • 日本能率協会 会員

    早期料金 (2024年5月31日まで)550,000円(1名/税込)
    通常料金 (2024年6月1日より) 660,000円(1名/税込)

  • 会員外

    早期料金 (2024年5月31日まで)660,000円(1名/税込)
    通常料金 (2024年6月1日より) 770,000円(1名/税込)

プログラム

1日目
9:30

オリエンテーション

「“失われた30年”は本当なのか?」 

講義・議論

「海外企業と日本企業の比較」 

講義・議論

「成長を続けた日本企業の特徴」

講義・議論

経営者・ゲスト講演Ⅰ

「りそなの構造改革と経営者の役割」

講演+対話

振り返り・まとめ

17:30

18:30

懇親会

2日目
9:00

経営者・ゲスト講演Ⅱ

「パナソニックの構造改革と経営者の役割」

講演+対話

「変えるべきもの、残すべきものは何か」

講義・議論

「自身の役割は何か」

講義・議論

「構造改革の推進者としての覚悟」

発表

振り返り・まとめ

17:30

18:30

懇親会

全体コーディネータ

※敬称略

綱島 邦夫氏

綱島 邦夫 コーン・フェリー・ジャパン・シニアクライアントパートナー
経営力研究所コンサルタント
ペンシルベニア大学ウォートンスクール
Executive Education Board 理事

慶應義塾大学経済学部卒業、米国ペンシルベニア大学ウォートンスクール卒業(MBA)。野村證券で営業部門、企画部門の業務に従事した後、マッキンゼー・アンド・カンパニーNY事務所に入社。国内外の様々な企業の戦略策定にかかわるコンサルティングを行う。マッキンゼー卒業後は、ラッセルレイノルズ、CSC(Computer Science Corporation) インデクス日本支社長を歴任し、アーサー・D・リトル、ヘイ・グループに顧問として参加。
現在は日本の大企業の成長力の復活のためのミドルマネジャーのエネルギーの解放と新しい企業リーダー像の実現のための活動を精力的に行っている。
又、ウォートンスクールが米国で展開し、米国以外の世界では日本で初めて導入する「女性幹部育成プログラム」のアドバイザーを務める。
『成功の復讐』『社員力革命』『エグゼクティブの悪い癖』『役員になる課長の仕事力』『事業を創る人事』『強靭な組織を創る経営』『ジョブ型と課長の仕事』『日本の大企業 成長の10法則』『マネジャーの仕事100の基本』など多数の出版を行う。

経営者・ゲスト講師

※敬称略

1日目10月10日(木)

東 和浩氏
東 和浩 株式会社りそなホールディングス
シニアアドバイザー

2日目11月29日(金)

本間 哲朗氏
本間 哲朗 パナソニック ホールディングス株式会社
代表取締役/副社長執行役員