10.経営者・幹部の 意思決定とリーダーシップセミナー

ねらい

事前の一策は事後の百策に勝る
~不確実性における意思決定トレーニング~

  • 企業経営において、経営者・幹部にとって必須である「意思決定」の要諦を習得する。
  • 体系的な知識と豊富な演習・討議を通じて、経営者・幹部としての「質の高い意思決定」思考を鍛える。
  • 質の高い「意思決定」をし、「リーダーシップ」を発揮された経営者との対話から、リーダーシップを磨く。

意思決定の戦略と実際

実践的戦略 マネジメントの全体体系

●意思決定の観点から見た戦略的マネジメント
●意思決定思考の基本原則

戦略課題への取り組み

●課題検討のための枠組み設定
●戦略代替案作りと不確定要因への対応
●価値判断基準とトレードオフ

トップマネジメントの意思決定の実際

●トップマネジメントの意思決定
●新規事業の意思決定
●設備投資、国際ビジネスの意思決定

ディシジョン・クオリティの6要素

セミナー概要

会場 日本能率協会研修室 ほか
会期 2日
E-31…2019年2月21日(木)~22日(金)
E-32…2019年9月18日(水)~19日(木)
E-33…2019年12月5日(木)~6日(金)
E-34…2020年2月25日(火)~26日(水)
定員 36名
対象 社長、取締役、執行役員、幹部
受講料(1名/税抜) 日本能率協会 会員:210,000円 会員外:240,000円

プログラム

講師 ※敬称略

■ 講師
籠屋 邦夫
ディシジョンマインド社 代表 
ディシジョンアドバイザー
立命館大学大学院 客員教授
(テクノロジーマネジメント研究科)

1978年、東京大学大学院化学工学科修了。1984年 スタンフォード大学大学院エンジニアリング・エコノミック・システムズ学科修了。三菱化学にて新製品・新製造プロセスの開発、マッキンゼー社東京事務所にて企業ビジョン策定・全社組織改革などのコンサルティングに従事。
1990年シリコンバレーに本拠を置くHoward教授創立のストラテジック・ディシジョンズ・グループ(SDG)に参画。2000年ATカーニー社ヴァイスプレジデントを経て、2002年より現職。企業やビジネスマンの戦略スキルや意思決定力向上を支援する活動に力を入れている。


リアルケーススタディ
■ 経営者講師(2018年度実績・ご出講順・役職当時)

張本 邦雄
TOTO株式会社 代表取締役会長
兼 取締役会議長

新宅 祐太郎  2/21ご担当
テルモ株式会社 顧問
(前 代表取締役社長)

参加者の声

  • 意思決定を行うにあたってロジカルかつ客観的な判断手法を学べた。
  • 意思決定の手法を整理する過程で、リーダーとしての役割を再認識できた。
  • 実務に活かせる内容であった。早速、実務で活用したい。
  • 非常に有益な2日間であった。不得意な分野であるが、自分のポジションを踏まえ、今回の考え方、ツールを活用していきたいと思う。
  • バックグラウンドの異なるメンバーと本気で、楽しく討議ができ、大変有意義であった。
  • 異業種の方々とのディスカッションは、視点の違いもあり刺激的で、多くの気づきがあった。
  • 経営者講演では、経営者としての責任、本気度を感じられて刺激になった。
  • 全く違う業界の経営トップのお話であったが、事業を成功させるためには、強い信念と実行と謙虚さが必要であることが理解できた。
  • 体験に根ざした生々しいお話で、ご自身の価値観や生きざまに触れることができ、感銘を受けました

教育・研修に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください!