第82回新任執行役員セミナー 開催レポート その2

開催概要

セミナー名  第82回新任執行役員セミナー
開催日程   2022年7月14日(木)~16日(土)
開催場所   The Okura Tokyo
日本能率協会では、トップマネジメント(役員・経営幹部)の「経営力向上」が企業・産業界成長のための必要条件との認識にたち、その成長・発展に貢献すべく、各企業の役員の方々が自らの能力を高める場と機会の提供を目的とし各種のセミナーを実施しています。
本日は2022年7月14日(木)~16日(土)に開催された第82回新任執行役員セミナーの2日目(7月15日)のプログラム様子をご紹介します。

1日目(7月14日)のプログラムの様子はこちらからご覧いただけます。

新任執行役員セミナーは毎年4回開催されており、今回は今年度初めての開催となりました。全32名の参加者と多彩な講師陣とともに、合宿形式でセミナーを開催しました。
参加者からは「質の高い貴重な話を聞くことができ、異業種のいろいろな方とディスカッションすることができて、非常に有意義な時間を過ごせました。」というお言葉も頂戴しました。

詳しい内容について、本ページでご紹介しております。セミナー派遣・参加の情報収集の一助になれば幸いです。

プログラム

目次
新任執行役員セミナーのねらい
  1. 執行役員の使命と行動
    事業(経営機能)の執行・結果責任を担う「執行役員の責務を再認識」すると共に新たな道を切り開く経営執行のあり方を追求
  2. 人・組織・事業の革新
    執行役員に求められるリーダーシップ、経営目標達成のためのプロセスをとらえ直し、組織変革力(組織と人を見る目)と事業革新力(変化と戦略を見る目)の向上
  3. 視野の拡大、視座の向上(自己革新)
    異業種間の交流による相互学習により、自社・自分自身・経営に対する新たな気付きを得て、今後の課題を主体的に設定
ストレッチ体操

2日目と3日目は講義の前に30分程度のストレッチ体操を行います。
適度に体を動かすことで心と体を整えることができます。参加者には動きやすい服装で参加していただき、ストレッチ終了後には代謝も上がりしっかりと汗をかきます。
事前に配布されている「健康度チェックリスト」も活用しながら、ご自身の健康度合いも見える化できます。

戦略構想のための視点と考え方
登壇者
秋山 勇 氏
前 株式会社伊藤忠総研
代表取締役社長

2日目の最初の講義は秋山 勇 氏(前 株式会社伊藤忠総研 代表取締役社長)にご登壇いただきました。
秋山氏からは「戦略、分析・考察、ビジョン」をテーマにこれまでから現在までの世界情勢や歴史の観点からお話しいただきました。
講義の途中にはミニディスカッションも行われ、「理想のリーダーとはどのような人物か?」というテーマで2~3人で議論しました。自らの考えを言葉にして相手に伝えることでより考えを深めることができました。

<講演のポイント>

  • 戦略とは、「大まかな地図」
    “実行”が大事
  • 歴史、先人の教えの中に思慮深さ
  • 「時空眼鏡」 今起きていることは過去からの延長線上にある
  • 高いモチベーションは、“大義・ビジョンの共有”から
業績と戦略へのコミットメント
登壇者
福地 敏行 氏
日本アイ・ビー・エム株式会社
取締役副社長

福地氏の講演は3つの切り口で語られました。

  • “Transformation” :事業構造改革(DX)
  • “Diversity & Inclusion” :人材、企業文化醸成
  • “Leadership” :行動指針、“哲学”

“Diversity & Inclusion”では、女性の上位職登用や働き方について生じている男性側のアンコンシャスバイアスのほか、LGBTQ+、PwD / PwDAについてもお話しいただきました。
“Leadership”では、自身のリーダースタイルについて、自分自身/メンバーへの理解について考え、これまでの延長線上ではなくマインドセット・オペレーションともに変革する必要があるとお話しされました。

<講演のポイント>

  • 将来に向けた変革とD&Iを一気に進める好機、今できなければずっとできない
  • 自身のリーダーシップスタイル・哲学を語れるか
  • あなたの“これから”が、あなたの“これまで”を決める
  • 時に“弱さ”を見せることも
グループディスカッション:目標達成のためのリーダーシップ
2日目のグループディスカッションのテーマは、「目標達成のためのリーダーシップ」です。目標を達成するための戦略を実行し、業績にコミットするために執行役員に求められるリーダーシップとはどのようなものか。また、それを発揮するためにどのような工夫や努力を行っているかについてディスカッションをしました。

70分の間各グループで議論を行ったのち、グループごとの意見・気づきを情報共有しました。なお、本プログラムには、先ほど講演いただいた福地氏にも参加いただき、各グループへの情報提供や意見交換なども行いました。

YKKの理念経営と事業展開(経営者・ゲスト講演Ⅱ)
登壇者
猿丸 雅之 氏
YKK株式会社
代表取締役会長

猿丸氏の講演は以下のアジェンダの通り行われました

  1. 事業紹介
  2. “ものづくり”へのこだわり ~一貫生産と技術~
  3. 理念経営
  4. 産業構造・市場変化への対応
  5. 最後に

講演では「YKK精神」、創業社長の言葉、経営理念浸透活動、会長と現場社員の対話風景などをご紹介いただきました。また、産業構造・市場変化の例として海外展開や衣料品廃棄の現状、ESG投資などの現状にどのように取り組んでいるのか、ご紹介いただきました。

<講演のポイント>

  • 「善の巡環」 他人の利益を図らずして自らの繁栄はない
  • 人づくり 「失敗しても成功せよ 信じて任せる」
  • 地政学 中国の力を軽視するな
  • 成功と成長阻害のパラドックス これまでの成功パターンを見直す必要も
参加者の声

セミナー参加者の声の一部をご紹介します。

  • 執行役員の立場、役割、使命を改めて見直すことができ、大変参考になった。
  • 非日常のロケーションで様々な講師や参加者との交流といったコンテンツを経験でき、素晴らしかった
  • 8名の講師の皆さん、一緒に参加した皆さんととても良い刺激のある3日間だった。
  • すべての講義が示唆に富んでおり、有意義だった。
  • 他社の方との交流、自分と近いレベルの方とのディスカッションは有意義だった。
  • 講師の先生方の考え方以前にカリスマ性が強烈に感じられた。どの方でも若い時に出会えば部下として尊敬していたと思う。
  • 多くの経営者のお話を聞くことができ、他業界の役員の皆様との交流ができたことが大変良かった。
  • リーダーシップとは「ああいう人になりたい!」と憧れられるリーダーになることだと感じた。
  • 突き進みつつしっかりリスクヘッジを行い、一層マネジメントから経営へのシフトに尽力したい。
  • ジェンダー、LGBTQ+に関する意識が自分自身低いことが分かった。福地さんのお話しには知らないことが多く、勉強になった。
まとめ
2日目は「業績と戦略へのコミットメント」というテーマで講義・ディスカッションを行いました。朝のストレッチ体操から始まり3人の講師からの講演およびディスカッションを行いました。
新任執行役員セミナーでは、初日のテーマ「執行役員の使命と行動」、2日目のテーマ「業績と戦略へのコミットメント」、そして3日目のテーマ「執行役員の人間力」というように、それぞれの日ごとにテーマに沿った講演、ディスカッションを行っています。
テーマごとに得られる知見も異なるため、2泊3日の合宿も事前に想像しているよりもあっという間に過ぎてしまいます。

日本能率協会トップマネジメント研修の中でも毎年人気の高い「新任執行役員セミナー」。
今後も開催がございますので、ぜひ詳細をご確認ください!
すでに満席の日程も、「キャンセル待ち」を承っております。一度事務局までお問い合わせください。

キャンセル待ちの問い合わせはこちら


(写真は3日目終了後の記念撮影の様子)