5月のおすすめセミナー

小会は、トップマネジメント層の経営力向上が企業にとっての活力や競争力向上の最重要課題であるとの認識に立ち、1982年からトップマネジメント層を対象とした研修を開催しており、10,000名を超える方にご参加いただいております。

5月25日(火)~26日(水)には、特に例年人気が高く、新たに役員に就任された方、就任予定の方におすすめの、
「経営者・幹部の法務・企業統治セミナー」を開催いたします。

経営者にとってまず初めに必ず押さえておくべき「法務・企業統治」の知識を
本セミナーで学び、ご自身の経営の基礎づくりにお役立てください。

講師は、各種企業の社外役員や官公庁の研究会等の委員も数多く務めており、Chambers Global、Best Lawyers等の国際的な弁護士ランキングにおいて、日本を代表する弁護士の1人として選出されている、外苑法律事務所パートナー弁護士の飛松 純一 氏にご登壇いただきます。

経営者・幹部にとって必須である「法律」の基礎知識を習得し、攻めと守りの経営の実現を目指します。これまでの企業不祥事や事件等の事例解説やケース討議により、具体的かつ実務に沿って法律への理解を深めます。また、コーポレートガバナンス、コンプライアンスなど、社会の要請に応える仕組みを考えます。
セミナー詳細▶ https://jma-top.com/seminar_list2021/cdp2021_06/

ぜひ、5月25日(火)~26日(水)「経営者・幹部の法務・企業統治セミナー」の参加・派遣をご検討ください。

参加形式について

「集合/オンライン」のどちらかをお選びいただけます。
おすすめは、講師や他社の参加者と休憩時間を含め気軽に、かつ活発に対話や質問することによって、多くの学びや気づきを得ることができる「集合」形式です。

しかし、新型コロナウイルスの感染リスクや移動の時間やコストが少ない「オンライン」形式をお選びいただけます。従来、遠方のため参加を躊躇されていたみなさまは、ぜひこの機会にオンライン参加もご検討ください。

ご自身のご希望に合わせて参加形式をお選びください。