株式会社SUBARU 取締役専務執行役員 調達本部長 大抜 哲雄 氏 インタビュー :2018年 新任取締役セミナー参加者

「取締役としての自覚と行動」を再認識した3日間でした

株式会社SUBARU
取締役専務執行役員 調達本部長
大抜 哲雄 氏

セミナーに参加して良かったのは、あらためて取締役としての役割責任を整理できたことです。取締役と執行役員では立場や責任が全く違います。社内の取締役会の審議においては、Yes or No の自身の意見・立場を明確にせねばなりません。そこは明らかに執行役員とは異なります。
3日間の議論・対話を通じて、「取締役としての自覚と行動」を再認識した3日間でした。
また、2泊3日の集合型・合宿スタイルは良かったです。社外の取締役各位とより深く議論するのは、やはりリアルな対話の場が望ましいと思っています。
当社は、モノを作る会社から“笑顔を創る会社”を目指しています。このありたい姿の実現に向け、個性を磨き、心に響く事業を創り、「正しい会社」として外から学ぶ姿勢を大事にしていきます。また私自身、後継人財をどう育てるかも重要なテーマとして取り組んでいきます。

(2021年11月9日 インタビュー)