「JMA役員研修」の「新型コロナウィルス感染予防対策」について

JMAトップマネジメント研修事務局
2020年8月1日更新

「JMA役員研修」は、知識の習得だけでなく、講師・コーディネータ、先輩経営者、
同じ立場の異業種・他社参加者との交流・他流試合を研修目的の基本的にしておりますので、
「新型コロナウィルス感染予防対策」をしたうえで、例年通り「集合研修」で実施いたします。

(今後、感染再拡大など情勢変化、政府または東京都等から開催再自粛等の指示には、
適宜的確に対応、万が一、開催延期・中止等の場合は、都度ご連絡申しあげます)

研修事務局では、細心の注意を図りつつ、ご受講の皆様にも相互にご協力を賜りながら、
より良い研修をお届けする所存でございます。

小会「新型コロナウィルス感染予防対策」(https://jma-news.com/archives/3824)と併せ、
「JMA役員研修」「JMI長期研修」では、下記の「感染予防対策」を追加で実施します。

1)ご来館前に検温いただき、発熱または咳など体調が悪い場合は来館をご遠慮いただきます。
2)必ずご来館の際は、受付にお立ち寄りください。
3)ご入館後は、マスク着用、うがい、手洗い、手指消毒等のご対応をいただきますよう、
  受講者のみなさま相互のご理解とご協力をお願いいたします。
4)各研修室にはアルコール消毒液を設置、ビル内のトイレには液体せっけんを設置します。
5)研修室、共用スペースともに空調を常時稼働し、一定期間ごとにドアの解放をします。
  休憩時には研修室ドア・窓を開放状態にし、換気の促進を通じて密閉状況を回避します。
6)研修室内の受講者同士の距離を確保します。また、参加状況を鑑みて、
  より広い会場を用意、レイアウトの配慮など密集を回避します。
7)グループ、ペア演習などは通常よりも距離を確保し、密接場面を回避します。
8)研修参加中に体調が悪くなった際は、必ず事務局にお申し出ください。
9)お客様の健康と安全を考慮して、事務局スタッフは常時マスク着用をして対応します。
10)講師・コーディネータも、併せてマスク着用にて対応します。