〈研修紹介〉
3分で分かるJMAトップマネジメント研修

セミナー一覧

 JTS・CDPは日本能率協会研修室 または 都内研修会場開催 
JTS
役員としてのマインドセット
CDP
経営知識の修得
大阪開催プログラム
社長新任社長セミナー サステナビリティ経営時代の
 経営革新塾
経営者・幹部の
 法務・企業統治セミナー


経営者・幹部の
 経営戦略セミナー


経営者・幹部の
 戦略財務・会計セミナー


経営者・幹部の
 組織・人材戦略セミナー


経営者・幹部の
 意思決定とリーダーシップ
 セミナー








取締役新任取締役セミナー経営幹部のための
 マネジメント必須講座


経営幹部のための
経営戦略と財務・経営指標講座
執行役員新任執行役員セミナー
幹部
監査役 新任監査役・ 監査(等)
 委員セミナー

はオンライン対応セミナー

トップマネジメントに求められていること

「変化への柔軟な対応」による企業価値の向上

VUCA(変動性、不確実性、複雑性、曖昧性)時代、かつデジタルテクノロジーによる破壊的イノベーションが飛躍的に進展している現在において、トップマネジメント層には、下記のような取り組みにより「変化への対応力を高め」、企業価値を向上させることが求められています。

  • 経営ビジョン、経営戦略のバージョンアップ
  • 組織・人材構造の変革(人的資本の最適化)、 能力開発項目の変更
  • ビジネスモデル(モノづくり、コトづくり)の変革
  • SDGs、CSV、ESG等の正しい理解と取り組み  など

「役員研修」で何を学ぶか

日本能率協会の「トップマネジメント研修」は、社員時代からの様々な教育(研修)を経て、その集大成、最上位概念として位置づけています。経営者・役員就任を機に、VUCA・デジタル化などの新しい時代に対応した、自身の実力や力量の高度化・高質化、チューンアップを図ります。

  • 決断・執行の軸づくり
    透明・公正かつ迅速・果敢な意思決定を行うために、先輩経営者や他社役員・経営幹部との交流やディスカッションを通じて、自己を客観視し、自らの決断・実行の軸となる確固たる信念や洞察力・見識を磨く。
  • 先見性を養うと共に、
    変化への対応力を磨く

    VUCA・デジタル化など新しい時代を生き抜くための、法務、経営戦略、組織・人材戦略等の知識の取得とともに、これからの役員のあり方と為すべきことを探求する。
  • 人的ネットワークを築く
    今まで培ってきた社内外の人脈にプラスして、異業種の同じ立場である 経営者・役員との新たな出会い・交流によって、生涯を通じての特別な人的ネットワークを構築する。