REASONS選ばれる理由

役員いかにあるべきか~トップマネジメント層の
経営力向上のために

経営環境が激しく変化する時代にあって、経営者が取り組むべき課題は複雑・高度化しています。
デジタル技術を活用した事業の変革、破壊的イノベーションの出現に対する対処。
少子高齢化が進展する中での人材確保、働く人々の価値観や就労観の多様化の中での企業理念の浸透や社員のエンゲージメント向上、あるいは、人的資本経営の実践に向けた取り組みの強化。
さらに、SDGsをはじめとし、気候変動や環境問題などの社会課題の理解と解決に向けた事業展開。

トップマネジメント層には、本質を捉える洞察力、高い使命感や倫理観、組織を牽引するリーダーシップ、そして、複雑・多様化する経営課題に対して、迅速な経営判断を下すために必須となる高度な経営知識が、これまで以上に求められています。

日本能率協会(JMA)では、こうしたご要望にお応えするべく、1982年から役員研修プログラムを開催。
これまでに、10,000名を超える方々にご参加いただいています。
貴社におけるトップマネジメント層の経営力向上に向けて、是非、ご活用ください。

JMAトップマネジメント研修
が選ばれる3つの理由

1

多くの経営者を輩出してきた伝統と実績~40年にわたって、10,000名以上が参加

JMAは1982年に第1回新任取締役セミナーを開講。以来、プログラム体系を拡充し、40年にわたって、10,000名以上の方々にご参加をいただいています。これまでの修了者から、多くの方が企業トップ・役員として活躍しています。
2

現役の経営者からの薫陶、一流の講師陣による講義~行動変容につながる実践的なプログラム

JMAトップマネジメント研修では、現役の経営者を講師にお招きし、講話と対話の時間を数多くとっています。迫力と情熱に溢れる経営者からの直接の薫陶を通じて、経営者・役員としての気づき、行動変容を促します。また、実務経験の豊富な各分野の一流の講師陣による講義では、企業事例の紹介やケーススタディを盛り込み、実践的な学びの機会を提供しています。
3

異業種他社の参加者との他流試合による自己研鑽~修了後もつながるネットワーク・人脈形成

プログラムでは、受講者同士のグループ討議や対話の時間を数多くとっており、他流試合を通じて、新たな視点・気づきを得ていただきます。また、懇親会や名刺交換会も開催し、修了後もつながるネットワーク・人脈形成を図っています。

詳細を見る

PERSPECTIVE「経営者・役員研修」は時代の要請

「変化への柔軟な対応」による企業価値の向上
VUCA(変動性、不確実性、複雑性、曖昧性)時代、かつデジタルテクノロジーによる破壊的イノベーションが飛躍的に進展している現在において、トップマネジメント層には、下記のような取り組みにより「変化への対応力を高め」、企業価値を向上させることが求められています。
「明日の会社を創る」
コロナ禍の今、多くの企業ではビジネスモデルや事業形態の変更・再構築が、急務と認識されています。未来や社会を探索・洞察し、社会・経済の変化に素早く能動的に適応できる組織をつくると共に、「明日の会社」の青写真・道筋を描き、自らイニシアティブを持って実現に向け実践することがトップマネジメント層に求められています。
  • 企業価値の向上イメージ「変化への柔軟な対応」
    による企業価値の向上
  • 明日の会社を創るイメージ「明日の会社を創る」
  • 決断・執行の軸づくりイメージ決断・執行の軸づくり
  • 先見性、対応力イメージ先見性を養うと共に、
    変化への対応力を磨く
  • 人的ネットワークイメージ人的ネットワークを築く

詳細を見る

PROGRAMセミナープログラム概要

JTS経営者・役員としての意識を醸成し、行動変革を促すプログラム

CDP経営者必須の実践的経営知識を習得するプログラム

CDP-iCDPの内容を短期集中で習得するプログラム

一覧を見る

THOUGHTSお客様の声

一覧を見る

NEWS & COLUMNニュースクリップ

一覧を見る