《第4回》三菱重工業株式会社 取締役会長 大宮 英明 氏

三菱重工業株式会社 取締役会長 大宮 英明氏 に、ご自身が役員になられた当時の思いや、現場でご経験されたステークホルダーと真摯に向き合うことの重要性、これからの取締役・執行役員に求められる役割などについてお伺いいたしました。

インタビュアー:一般社団法人日本能率協会 井上

取締役の監督責任とは?

<井上>
本日は2つの質問がございます。
まずは、大宮さんが取締役になられた時のことを、少し振り返りたいと思っています。
もうひとつは、今回新しく役員になられた方々に対して、メッセージをお願いしたいと思っています。

<大宮会長>
私が取締役になった頃は、監督と執行の分離など、今と比べて、会社そのものが、まだそれほど先鋭的になっていませんでした。
たぶん、他の会社でも、そうではないかと思います。
役員になってからも、どちらかといえば、執行側からの視点が非常に強く、監督責任と言われたところで、一体どうすればいいのだろうかといった感じでしたし、取締役会でも、取締役会に先立ち開催される常務会でもほとんど発言はありませんでした。
特に重要案件の場合、議案について会長、社長、経理や資金担当常務あたりには、事前に説明されていましたので、当日発言することがなかったともいえます。
常務会には、8名ほどの事業本部長も出席していたのですが、自分の担当ではない他の事業のことに対しては、なかなかわからないこともありますので、質問くらいはあっても、あまり深い議論までにはなりませんでした。

<井上>
今日のお話の中でも、数字の話だけしたら、後はもう突っ込みようがないといった状況があったと、おっしゃっていましたね。

<大宮会長>
社全体の事業計画を策定する過程で、各事業本部の事業計画を審議する会議が開催されていました。こちら側に会長・社長および技術本部長などコーポレートの役員、向う側に事業本部長以下、事業側から4、5人が並んで座るようなかたちで議論をしていました。
計画の中身について社長が質問をしても「いやいや社長、そうはおっしゃいますが」などと、全て想定問答集が用意されているかのようでした。

<井上>
まるで国会みたいですね。

<大宮会長>
本当にそうです。30年も事業に携わっている専門家のような人たちが説明をするので、自然にそうなります。

<井上>
もうこちらからは、二の矢は継げない状況なのかもしれませんね。

<大宮会長>
大変に個性の強い社長が、「俺はこう思うから絶対にこうしろ!」などと言うことがありますが、自分がかつて担当した事業であればまだわかりますが、当社は、製品の数が非常に多いので、それぞれの事業に的確な判断をすることは大変難しいと思います。

取締役が持つべき3つの意識とは?

<大宮会長>
私が取締役になった頃というのは、監督責任というリスクにさらされているという自覚は、あまり多くありませんでした。

<井上>
執行する側からすれば、そういうところが少しぼやけているというお話ですね。

<大宮会長>
これからは、そうはいきませんから、大変だろうなと思います。
当社の中でも、監査等の委員会設置会社へ移行するにあたり、執行側の責任と、監督・監査側の責任とはどういうことなのか、といった議論が、非常に数多くされています。
案件にはリスクもあるのですが、当然、リスクも含めた開示を約款にするとなると、そういうことまで判断できない社外取締役もいるかもしれません。

判断を保留したい、あるいは聞きたくない、それは執行側が責任を持ってやればいいというようにするべきなのか、そこも含めてリスクを取るような、監督責任はどこまで及ぶのか、というような議論が非常に真剣に行われていますので、そういう意味では、難しい時代になったな、と感じています。

今の人は、監督と執行とを兼ねていることが多いでしょう?

<井上>
はい。現在は、そういう方が多いです。

<大宮会長>
やはり今の人たちは、その辺りを、もう少し深く堀り下げた方がいいと思います。
いろいろな事例を聞く、あるいは取締役会に付議される案件の種別を理解した上で、執行役としてではなく、取締役としてどのように対応するべきなのか、どこまで自分が責任を持てると思うのか、そういうことを突き詰めて考えないといけない時代になってきていると思います。

<井上>
それはもう、会社、業種を問わずですね。
そういう立場になった以上は、今言われたような意識を持たなければならないということですね。

<大宮会長>
会社を代表すると、現実にさまざまなリスクがあります。

取締役になって変えた意識とは?