《第25回》株式会社小松製作所 取締役会長 野路國夫氏 インタビュー

株式会社小松製作所、取締役会長の野路國夫氏に、これからの時代に必要な経営者として持つべき心構えや行動力についてお話を伺いました。具体的なエピソードや、バランスのとれた経営についてもお話いただきました。ぜひご覧ください。(※敬称略)

・経営幹部の立場と持つべき視点とは
・経営者が念頭に置くべき倫理観とは
・現場に伝わる経営者の行動とは
・経営者が持つべき危機管理意識とは
・経営トップの心構えとは

インタビュアー:一般社団法人日本能率協会 小宮

経営幹部の立場と持つべき視点とは?

<JMA>
本日は「経営幹部のお立場と持つべき視点」と
「トップマネージメントとして、取るべき行動」
について事例を含めて野路様のお考えをお話いただけますか。

<野路>
当社は執行役員制を採用しています。
ある機能部門の業務執行を担当するのが執行役員ですが、
これは部長時代とそんなに変りません。

しかし、執行役員から取締役などの経営の一翼を担う立場になると、大きく違ってきます。
最も大きな違いは「自部門のことだけをやらない」ということです。

業務を進めていく上で、自部門だけで解決する話はほとんどありません。

他部門と一緒にプロジェクトを組むとか、
あるいは他部門を助けてギブ・アンド・テイクで進めるとか、
そういう仕事のやり方を経験していかないと、経営者になったときに困ります。

部長クラスであれば、まず自部門のことだけを考えても仕方ないと思いますが、
執行役員になったなら、少なくとも他部門とも一緒になり、
プロジェクトチームを引っ張るくらいのリーダー経験をしていかないと、なかなか育ちませんね。

<JMA>
それは、視座を上げるということでしょうか。

<野路>
そうです。

敢えて自らそこに入り、プロジェクトチームを作る。
例えば、生産と開発と営業を一体にしたプロジェクトを組み、
部長クラスを集め、これを俺がやるから、半年間頑張ろうじゃないかといって、
リーダーシップを発揮していく。これを自らが提案するということです。

それを社長に言われてやっているようでは駄目で、自分から提案してやらないといけません。

経営者が念頭に置くべき倫理観とは?

<JMA>
前工程も後工程も含め、全体をみるということでしょうか。

<野路>
そうですね。

それから、、、

現場に伝わる経営者の行動とは?

<JMA>
当たり前のことなので、端折りがちですよね。

<野路>
大抵の社長は、、、、

経営者が持つべき危機管理意識とは?

<JMA>
2011年3月11日に発生した東日本大震災の直後にも、野路会長は工場に行かれました。
これも同じようなお考えからですか。

<野路>
そうですね。東日本大震災の発生は、、、、

危機管理の根底にあるべきものとは?

<JMA>
放射線量は目に見えませんから、計量しないとわからないですものね。

<野路>
そうなのです。

危機管理をどうするのかと言っても、いろいろなことが起きる訳ですから、
社長としてそんなものを一つ一つ教えられた訳でも何でもありません。

社長が率先してやらなければならないと、ちゃんと考えているかどうかだと思います。

その根底にあるのが、、、、

経営トップの心構えとは?

<JMA>
最後に、新たに役員として経営を担う方々へ応援のメッセージをいただけますか。

<野路>
私の経験から申し上げると、トップになったときの心構えで、
まず一番大切なのは、、、

担当領域のトップがすべきこととは?

<JMA>
新しい取り組みというのは、、、、

※野路氏には、第57回新任執行役員セミナーでのご講演後、本インタビューにご協力いただきました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ