《第21回》カゴメ株式会社 取締役会長 西 秀訓 氏 インタビュー

カゴメ株式会社 取締役会長 西氏に、意思決定のポイントやリーダーに必要な資質についてお話を伺いました。新任役員の方々に対する動画メッセージもございます。ぜひご覧ください。(※敬称略)

インタビュアー:一般社団法人日本能率協会 井上

取締役になる際に心がけていたことは?

<JMA>
西会長は2000年に取締役にご就任されていますが
当時、取締役になるために、何らかのご準備をされていましたか。

<西>
何もしていません(笑)。

入社した当時からどちらかというとマーケティングや
事業開発をやりたくてその道を進んでいました。

取締役になるかどうかには別に興味がなく、「いやだ」というのも何ですから
「はあ」と答えていたら、こうなったのです(笑)。

<JMA>
取締役になったとき、ご自身で「こうしなければいけない」と思ったことはありましたか。

<西>
そのころは取締役が何なのか、よく理解していませんでした。

今までと何が変わるのか、何をしなければいけないのかを少し学び、
経験を積むために行動を変えたのはそれからになります。

<JMA>
実際に心がけてみて最も苦戦し、うまくいかなかったところは何でしたか。

<西>
やることは経営の意思決定です。

何をどうすれば適正な意思決定ができるのか、
決定の質を上げていくにはどうすればいいのか、
その点が取締役、執行役員として最も努力し、
苦労した点だったように思います。

<JMA>
今おっしゃられた点は、これから役員になる方が直面する問題です。

だれかに決めてもらうのではなく、
ご自身で判断していくお立場になると思います。

会長のご経験も踏まえ、意思決定をしている立場の方や
これからそうなる方へ何かアドバイスがあれば教えてください。

<西>
100点満点の意思決定ができれば、だれにとっても理想的でしょうが、
現実にそんなことはありえないと思います。

そうすると、プラスになることもあれば、
マイナスになることもあるわけです。

それをきちんと分けてみておくことが必要だと思います。

合算していくら、平均していくらというのではなく、
プラスがいくらあり、マイナスがどれだけあるかを、
自分の中で理解しておくことが大切です。

それとマイナスを被る人に対し、マイナスとなる分以上に
手厚い対応をしておくことも忘れてはいけません。

<JMA>
目配りをきちんとして対策を取るということですね。

<西>
多分、マイナスを被る人もそのとき、全く自覚がないわけではないでしょう。

自分たちも「このままでいいのかな」と感じながら、
そのまま続けている人が多いはずです。

だから、そんな人たちにはマイナスを埋めることをしてあげるだけでなく、
そういった意思決定を後押ししてあげることも大事になるでしょう。

<JMA>
ご講演の中で「マネージ」という言葉は「管理」ではなく、
「やり繰り」だということが出てきました。

今の話もそれと関係しているような気がします。

「マイナスだ」と指摘するだけではなく、そこも含めて
これからどうするのかも考えることになるのでしょうね。

<西>
現場もやむにやまれず続けていることがあると思います。

そんなときは「君はやめたいと思っているでしょう。
それを素直に話したらどうですか」というようにしています。

それでやめたときに出てくるいろいろな問題を
みんなで解決すれば良いわけです。

そこは結構、大事な部分だと思います。

現場主義にこだわる3つの理由とは?

<JMA>
会長は現場が大好きというお話を聞きました。

そういう気持ちになられたのは、何かきっかけがあったのでしょうか。

<西>
最初からそんな感じでした。

いくつか理由が考えられますが、、、、

リーダーに最も必要な資質とは?

<JMA>
会長が組織のリーダーを選ぶとき、後継者を見るときに、
これだけは持っていてほしいと思うことのうち、最上位に来るものは何でしょうか。

<西>
それは「フェアネス」と「リスペクト」で、、、、

集中力を高めるために必要なこととは?

<JMA>
フィジカルとメンタルの健康を保つという話が出ていました。
西会長はメンタルを落ち着かせるため、気にかけている習慣はお持ちでしょうか。

<西>
昔からそうだったのですが、、、

社内情報開示の大切さとは?

<JMA>
悔しいことですが、ホワイトカラーの生産性で日本は負けていますね。

<西>
はっきりいって、、、

社外役員が果たしている役割は?

<JMA>
このファン株主がいれば取締役がいろんなことをする前に、
第3者の厳しい目をカバーできているように見えます。

<西>
情報を開示して、、、、

※西氏にはJTS 新任執行役員セミナーにご登壇いただきました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ