《第5回》ヤマトホールディングス株式会社 代表取締役会長 木川 眞 氏

ヤマトホールディングス株式会社 代表取締役会長 木川 眞氏に、ご自身が役員になられた当時の思いや経営者として大切にしている力などについて、お話をお伺いいたしました。新任取締役・執行役員の方に向けての力強い動画メッセージもいただいておりますので、ぜひご覧ください。

インタビュアー:一般社団法人日本能率協会 井上

特別メッセージ動画 ~新任取締役・執行役員の方々へ

新任取締役・執行役員の方々へ向けて、動画メッセージを頂きました。
メッセージ動画やインタビュー全文は、メルマガ登録をしていただくと閲覧いただけます。

登録に必要なのはメールアドレスだけとなりますので、
ご興味をお持ちいただけましたら、是非ご活用ください。

失敗から生みだされることの大事さとは?

<井上>
木川様が初めて取締役の立場になられた時のことをお聞かせください。

<木川会長>
まずは、自分よりも組織を中心に考える気持ちになりました。
たまたまその時は銀行が危機に陥っているときでしたから、その時に自分をだすわけにはいきません。
社員のために私は何をするか、それは役員の私の責任だと、こういう感じが非常に強くありました。そういう気持ちだったと思います。

<井上>
当時の状況を踏まえて、無私にする、搾取をなくすということをされたわけですね。その時のお気持ちは今も続いてますでしょうか?

<木川会長>
続いています。ただ、それ以前にも失敗は多く経験してきました。
失敗から活かしたこともいっぱいあります。
だからそういうことを、私は大事にしようと思っています。

無にするというのは、ある意味では追い込まれた時の状況であって、やはりその中でも会社を良くしたいと思っています。
自分は、会社を良くするために何ができるかという思いで、自分が得するか損するかというのは、まったく考えないですね。
それはお陰様で続いています。

<井上>
それは20万人を超える会社を、抱えているということなのですね。

<木川会長>
ただ銀行とヤマトグループは違います。人の数も違いますし、風土も違います。
労働集約的な産業ですから先ほど申し上げたように、私の気持ちを、そして戦略をいかに伝えるか、正直これに注力していますね。

発信力が1番重要な理由とは?

<井上>
今日の4つの力の中で木川様は、発信力が一番重要だとおっしゃったのが、実は少し意外に感じました。でも今のお話に繫がるわけですね。

<木川会長>
どんなに良い戦略を書いても、実行に移せなければダメです。
そういう意味ではどう伝えるか。自分自身でいくら旗を振ってもしっかりと伝わっていないと動いてくれないです。
そのため、発信力が一番経営にとって大事なポイントだと思っています。

<井上>
今日のお話の中でも『しっかり』『イキイキ』『ワクワク』私でもわかるぐらいシンプルなお話をされることに対して工夫されていますね。

<木川会長>
あれを細かく解説しないほうが良いです。

失敗から学ぶ4つのヒントとは?