《第20回》日揮株式会社 代表取締役社長 川名浩一氏

日揮株式会社 代表取締役社長 川名浩一氏に、日本人がグローバルに活躍するためのヒントや新任役員の方々に対する応援メッセージなどお伺いいたしました。

インタビュアー:一般社団法人日本能率協会 久保田

さらに高い目線を手にする方法とは?

<JMA>
本日は約30人を前にお話しいただきましたが、
出席者から何かお感じになりましたでしょうか。

<川名>
みんながまっすぐに前を向き、目が輝いていました。
本当に意欲に燃えているように思いました。
同時にひと言も聞き漏らすまいという意気込みみたいなものも感じました。

<JMA>
彼らは新任執行役員になったばかりのメンバーなのですが、川名社長は2007年に執行役員になられ、そのことが本日の質疑応答の中に含まれていました。

川名社長ご自身が新任の執行役員になったとき、何か意識や行動で変わったことはありましたでしょうか。一般社員から役員へなったときの変化についてお教えください。

<川名>
執行役員になったとき、ちょうど海外から戻ってきたところでした。

役員という立場になったというよりは、会社にとっても自分にとっても新しいことにチャレンジする機会をいただいたと思いました。

毎日がエキサイティングでしたし、悩み続けながらも面白い日々が続きました。

役員になって大きく変わったことは、いろいろな経営問題に関わる会議に出席するようになったことでしょう。

おかげで自分の中で世界が広がり、自分がやってきたこと以外のことや会社全体の経営を一段と高い目線で見えるようになりました。

そこが自分を大きくする良い機会になったと思います。

<JMA>
ただ役員になっただけでなく、部門や仕事にも変化があり、自分がやっている仕事だけではないということですね。

ご講演の中で「ご自身で覚悟ができていますか」という問いかけ、投げかけをいただきました。

本日は、印象に残るメッセージをいくつかいただきました。
「1段高い目線」という言葉もキーワードとして心に響きました。

役員になるときの一段と高い目線から、さらに大きくもう一段と高い目線になるため、何かご自身で普段から努力されていることや、勉強していることはありましたでしょうか。

<川名>
やはり新事業をやることになり、今まで会社が経験していない分野で結果を出さなければならない状況におかれました。

知識を吸収することもさることながら、どうやったら結果を出せるのかについて腐心しました。

高い目線ということでは、自分の業界を超えた広い世界の中で自分たちの強みは何かを分析し、その強みを生かしながら新しいものへの道筋をつけることができたのが挙げられます。

それを経営陣にもしっかりとアピールし、認めてもらうため、ある種の説得力を持つことができたように思います。

「饒舌な侍」という言葉の意味とは?

<JMA>
「エンジニアリングという1つの軸を持って饒舌な侍」という言葉がお話に登場しましたが、そういうメッセージは執行役員になられたときや海外などで仕事をしていたときに考えられたことなのでしょうか。

<川名>
私は海外生活が長かったもので,,,,,,

※川名氏には「JTS 新任執行役員セミナー」にご登壇いただきました。
新任執行役員セミナーのURL  http://jma-top.com/jts01/jts_b/

サブコンテンツ

このページの先頭へ