《第3回》日本通運株式会社 代表取締役会長 川合 正矩 氏


日本通運株式会社 代表取締役会長 川合 正矩氏に、これから会社を担う役員の方々に対する動画メッセージや、ご自身が役員になられた当時の思い、経営者として常に意識すべきことなど、じっくりお話をお伺いいたしました。

インタビュアー:一般社団法人日本能率協会 井上

特別メッセージ動画 ~新任取締役・執行役員の方々へ

新任取締役・執行役員の方々へ向けて、動画メッセージを頂きました。
メッセージ動画やインタビュー全文は、メルマガ登録をしていただくと閲覧いただけます。

登録に必要なのはメールアドレスだけとなりますので、
ご興味をお持ちいただけましたら、是非ご活用ください。

役員研修の「機会を捉える」とは?

<井上>
川合様はこういった場でお話される機会はあまりないということですが、今日話をされてみて、あの場について雰囲気も含めてどのように思われましたか?

<川合会長>
私も取締役になった時に、こういう研修を受けたことがあります。みなさん、役員になったということで、新鮮な気持ちを持って来られていると思いますので、こういう機会を捉えて研修をやるのは非常に大事なことだと思います。
皆さんが意欲をもって取り組まれているなと思いました。

<井上>
2001年の取締役にご就任された時に、このような研修を受けられたのでしょうか?

<川合会長>
新任取締役の研修というのを受けました。日本能率協会のだと記憶していますが。
人事の方から話がありまして、受けました。

取締役として「状況を見て決める」とは?

<井上>
その時の時間に頭を戻していくと、自分はこんなことを思ったなということも含めて覚えていることはありますでしょうか?

<川合会長>
やはり2001年に取締役になった時だと思います。取締役っていうのは法律上の問題があって大変だというのを感じました。執行役員の方は立場がちょっと違うと思いますけど、私は常務理事からすぐ取締役になりましたから。
常務理事の時にはまだ九州にいましたので、九州の本部長の仕事では常務理事の立場はあまり意識しませんでした。
本社の取締役となり、法律上の問題もあるので、社員時代とは違う責任があり、改めて勉強しなければいけないと思いました。

今日のみなさん方もそういう意味では、サラリーマンとして一定のところまできた、ということで、「じゃあ、これからどうしよう」という風に考えて聞いているのではないのかな、と思います。
質問がありましたように、各担当部門ごとに抱えている問題が違いますし、どんな目標を持ち、どんな対策をとるか決めるしかないですね。これはどこの会社でも同じことだと思います。

「若者が社長に意見を言える場を作る」とは?

<井上>
川合会長のお話にあった夢の話は、昨日お話いただいた自動車会社の会長の講演でも同じお話がありました。社長、会長、取締役から、いかに部下に対して夢を感じてもらえるようなアプローチができるかというお話が印象に残っております。

<川合会長>
場をどうやって作るかっていうのが一番難しいと思います。口で言うのはいくらでも言えますけど。若い人たちが自分の意見を遠慮なく言える場はあるのか、そういう場を作ってやる必要がありますね。
係長クラスとか課長クラスの古強者がいて抑えつけると、むずかしいですね。「うるさい」、「生意気なことを言うな」と平気で言ってしまう者もおり、そうすると若い人は言えなくなるし、言わなくなってしまう。

<井上>
若者はもう諦めますよね。言ってもしょうがないということで。

<川合会長>
私はかつてある案件で、当時の社長から、「社長のいうことを聞けないのか」と言われ、「はい。聞けません。しかし、別のやり方で結果は出しますので」と答えたことがあります。
私も自分で気をつけないといけないと思っているのですけど、社長になるとまわりにだんだん耳に痛いことを言うのがいなくなる。
さすがに私も社長の言うこと聞かんと言った以上、会社を辞めろと言われるかもしれないな、と思い、家内にも会社を辞めることになるかもしれないと話しました。まあ、その私が社長になっているのですから・・・・・・・・・・。
<井上>
それを言おうと思うだけの気持ちが持てる状況にあったわけですね。自分よりも会社のことを思った上での行動というのも大事だと思います。

<川合会長>
私の進め方のほうが正しかったと思うのですが。個人がどうのこうのということで言っているわけではないのです。

個人として意見することのリスクとは?