《第12回》株式会社バンダイナムコホールディングス 代表取締役会長 石川 祝男 氏

株式会社バンダイナムコホールディングス 代表取締役会長 石川祝男氏に、これから会社を担う役員の方々に対する動画メッセージや、社員に挑戦させることの大切さ、経営者が心がけること、などについてお伺いいたしました。

インタビュアー:一般社団法人日本能率協会 丸尾

社員を「暴走させる」とは?

<丸尾>
本日お聞きしたい内容が3つあります。
まず1つ目は、今の講演の中でもお話しいただきましたが、大きな経営改革を成し遂げていく中で、経営者として注意したことや意思決定の判断軸、
意思決定の際に留意したことをうかがいたいと考えています。

2つ目は、過去のことを振り返っていただき、ご自身の経営者としての自己研鑽についてお聞きしたいと思います。
例えば、初めて役員になられた時、また役員として役割が大きく変わった時に、どうやって克服されてきたかです。
経営者としての経験も長いと思いますが、その間もいろいろなことをされてきたと思いますので、可能な範囲で話していただけたらと考えています。

そして最後に、これから役員としてご活躍される方々に向けてメッセージを頂戴したいと存じます。

さて、今日のご講演でも戦略を大きく切り替えたり、統合したお話が出てきました。
会社の組織や社員のモチベーションも含め、大きな変化の中で経営をされていらっしゃったと思いますが、会社の仕組みや社員のモチベーションを
変えていこうとしたとき、注意したのはどういった点でしょうか。

<石川会長>
われわれの業界は変化が当たり前みたいな風土を持っています。
今までやってきたからそれでいいとか、今までうまくいってきたからこのままでいくとかいう考えは、この業界には似合わないと痛切に感じました。

だから、やっぱり変化させようと考えるわけです。
変えるためにどうするかということが、大きな視点になってきましたね。

<丸尾>
それはバンダイ様出身者、ナムコ様出身者でも、違和感なく受け止められてきましたか。

<石川会長>
「変わりなさい」というメッセージが全然伝わりませんでした。
そこで「暴走しなさい」、「事業領域など気にしなくても良い」、「IPを軸に考えなさい」とアプローチしました。

暴走というのは、基本的に今までのやり方を変えてやっていこうという意味です。
今までやってきたことを飛び越えていくわけですよ。だから、そのメッセージには思いを込めました。

<丸尾>
「暴走しなさい」と言われ、すぐに暴走するなんてなかなかできそうにないですが、いかがでしたか。
人によって口火を切れる活動は違うと思いますが。

<石川会長>
うちのグループだと、意外に暴走したいと考える社員は多いですよ。
人を喜ばせたい、驚かせたいと思って入ってきている社員が多いですからね。
それで「暴走しなさい」の一言は割と効いたみたいですね。

<丸尾>
共通のDNAの中にそういった要素が含まれているわけですね。

<石川会長>
そうです。暴走を自ら楽しみ、面白いものを提供しなさいという趣旨ですからね。
自ら楽しもうと思ったら、少しぐらいは暴走して弾けないと楽しくないでしょう。
やっぱり肝心な部分はそこですね。

<丸尾>
なるほど。
私も自ら楽しみながらという部分を素敵だと思いましたが、やっぱり自分が楽しいと思うことやそのワクワク感を伝えようとすることが、
熱い思いになって活動につながるのでしょうか。

<石川会長>
「嫌だ、嫌だ」と思いながら仕事をしても、全然意味がないでしょう。気持ちが入りませんよ。魂だって入らないでしょう。
自分自身が楽しんでやる仕事が1番だと思います。

挑戦することの大切さとは?

<丸尾>
ヒット商品の「ワニワニパニック」を開発したときも、そういったところが原点にあったのでしょうか。

<石川会長>
そのときは楽しいというより、使命感が強かったですね。何かヒット商品を出さないとヤバイという感じがありましたから・・・・・・・

社員のモチベーションを上げるには?

サラリーマン社長の良い点とは?

経営者になって意識した3つの点とは?

経営者、役員が心がけるべきことは?

※石川氏には「経営者・幹部の経営戦略セミナー」にご登壇いただきました。
http://jma-top.com/cdp01/cdp_b/