《第23回》東レ株式会社 代表取締役社長 日覺 昭廣 氏 インタビュー

東レ株式会社 代表取締役社長 日覺昭廣氏に、徹底した現場主義と経営者として高い倫理観に基づく、ゆるぎない経営者としての信念、ご持論を伺いました。ぜひご覧ください。(※敬称略)ぜひご覧ください。(※敬称略)

インタビュアー:一般社団法人日本能率協会 井上

会社の本質的なものとは?

<JMA>
今日の執行役員セミナーに参加されたみなさんは、大役を担ったばかりですので、ご自身の責任感も含め、大先輩から聞きたいことがたくさんあると思います。

初めにまず、15年ぐらい前に少し時間を戻しまして、役員になられたのが2002年ですが、部門長から役員という役目を仰せつかったときに、何か心境の変化がありましたか。

<日覺>
僕はあまりなかったですね。

<JMA>
やっていることをそのまま続けようというスタンスでしたか。

<日覺>
そうですね。
みなさんのお話を聞くと、よく役員になったり社長になったりしたら、気持ちが変わると言われるのですけれど、僕は一切変りませんでした。

鈍感なのか、特に社長になったなら、非常にプレッシャーがあると言われるのですけど、僕は全然なかったですね。

<JMA>
社長になられたのは7年前のことでしたね。

<日覺>
全然変化がないというのはおかしいけれど、僕は入社依頼ずっとオーナーだったらどのように考えるのかということを基本的に考えてきたので、そのせいかもしれませんね。

その代わり上司とはよく衝突しましたけれど。

<JMA>
入社されたときから、一般社員であっても、全体を俯瞰する目を持っていたということですか。

<日覺>
俯瞰する目とか、そんな難しいことではなく、僕はもともと兵庫県の三木出身で、中小企業が多い町だったから、中小企業のおやじさんたちが、1円のお金を稼ぐのも大変だと言ってみんな頑張っていたわけですよね。

だから、そういう気持ちで、本当に本質的なものは、会社としてどうなのかと思ってきたのです。

同期からは、お前は入社したときから偉そうなこと言っていた、社長みたいなこと言っていたと言われるのですけれど、別に社長だからと思った気持ちはなくて、本来会社としてこうあるべきじゃないのかと思っただけですよね。

ほとんどの人が変わると言うのですけれど、僕はそれをずっと貫いているから、社長になったからといって、急に何かが変わるわけでもありませんでした。

<JMA>
では、現在のお考えを持たれたのは三木という場所なのですね。

<日覺>
ええ、三木は中小企業が多いですからね。

なぜ言うことを聞かない子どもだったのか?

<JMA>
三木という環境以外に、そういったお考えに至った要因は、学生時代のご経験などにはありませんか。

<日覺>
どうでしょう。

私は小学校時代から先生の言うこときかない子どもでしたからね。
先生が言っていることでも、時にはおかしいと思っていました。

通信簿ももらわないで帰ったりして、母親が代わりに通信簿もらいに行ったりしていましたよ。
要は、間違っていると思ったなら、言うこと聞かなかい子どもだったのです。

でも、普通のみんなは、先生の言うことを「はいはい」とか、勉強できる子は先生が言うことをよく聞いて、仲よくなるじゃないですか。

でも、僕は先生の言うことでもおかしいと思う時はありました。
だから、小さいときから変わっていたのです。

<JMA>
子どものころは先生と、会社に入ってからは上司とぶつかることがあったのですね。

<日覺>
そう、常にありましたね。

だって、今から思うと、結局、彼らはやはり自己保身と面子ですよね。

<JMA>
今日の講演にもありましたね。

<日覺>
だいたい課の面子とか、俺がこうやったのだからとか、そういうのが多いと思います。

そして逆鱗に触れるとか。

でも、そういう意味では、僕は正直に生きているだけですから。

講演でもお話ししました通り、東レに前田勝之助という名誉会長になった人がいたのですが、自分で事業を立て直したというすごい人なのです。

<JMA>
海外の繊維事業を終わらせようというときに、前田さまが反対して立て直したのですよね。

<日覺>
その前田が社長だった時にアメリカに来られたときも、僕は少し言い合いになったことがあります。

それまで、そういう人はいなかったみたいです。

全ての答えはどこにあるのか?

<JMA>
逆に、前田さまご自身は現場を見て、日覺社長が言っていることに、なるほどという部分があったということでしょうか。

<日覺>
そうでしょうね、多分。俺と同じこと考えているとよく言われましたから

前田名誉会長は、、、、

ITがもたらす落とし穴とは?

<JMA>
現場から学んだことが、前田さまが本から学ばれたと同じことだったのですね。

<日覺>
ええ、だから、、、

なぜ大きなトラブルが出るのか?

<JMA>
数字で見ると、ほんの少しの兆候かもしれません。

<日覺>
トラブルの件数は減るのだけれど、、、

イノベーションを成功させるためには?

<JMA>
少し関連する話では、、、、

担当領域のトップがすべきこととは?

<JMA>
新しい取り組みというのは、、、、

なぜアメリカに追従してはならないのか?

<JMA>
わかった人間が社内にいるはずだから、あとはその人間が倫理観を持ってやれば、正しくないことはできるわけがありませんよね。

<日覺>
そうなのです。手っ取り早いので、、、、

経営者に必要なリーダーシップとは?

<JMA>
本日の受講者の皆さんは役員になられた方ばかりですが、早ければ5年後、遅くとも10年後には、その中から各社の社長になられる方がいると思います。

そういった先を見据えて、応援のメッセージをお願いします。

<日覺>
経営者に必要なのはリーダーシップだとよく言われるのですが、リーダーシップとは、、、、

そこにある事実の重さとは?

<JMA>
現場に行って納得していればそれでいいですよね。

<日覺>
現場に行き、しっかり納得し、それをしっかり自分、、、

※日覺氏には、第57回新任執行役員セミナーでのご講演後、本インタビューにご協力いただきました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ