《第15回》株式会社良品計画 名誉顧問 松井 忠三 氏

株式会社 良品計画 名誉顧問 松井 忠三氏に、これから会社を担う役員の方々に対する動画メッセージや、経営者として大切なこと、自分自身を高める為に意識してとった行動などについてお伺いいたしました。

インタビュアー:一般社団法人日本能率協会 久保田

特別メッセージ動画 ~経営者・経営幹部の方々へ

新任取締役・執行役員の方々へ向けて、動画メッセージを頂きました。
インタビュー全文は、メルマガ登録をしていただくと閲覧いただけます。

登録に必要なのはメールアドレスだけとなりますので、ご興味をお持ちいたただけましたら、是非ご活用ください。

取締役になった時に意識したこととは?

<JMA>
本日はご出講いただきまして、ありがとうございました。

本日参加された皆様は、今後、経営者としてご活躍されることが期待されている方々ということなのですけれども、ここでは、松井様にご自身のことを振り返っていただき、少しお話をお聞かせいただきたいと思います。

まずは、松井様が初めて役員になられた時、取締役になられた時のことをお伺いしたいのですが、社員の時に意識されていたこと、あるいは考え方や行動などで、何か変わられたことはございましたか。

<松井>
私は、1993年に取締役になったのですが、この時に自分の意識が変わったかといいますと、残念ながらそれほど変わりませんでしたね。

もちろん、会社から派遣されて、新任取締役セミナーなどにもいろいろ行ったりしましたが、仕事の範囲は同じだなと感じました。

上場企業ですと、株主総会というものがありますよね。株主総会に出るということは、いやが応でも会社の代表ということになりますから、そうするとね、やっぱり会社を守らなきゃいけないという実感がピシッと出ます。

ただ、私が役員になった時には、良品計画はまだ上場企業ではありませんでしたから、内部で取締役になったということですね。

そういうこともあって、取締役になったことで突然意識が変わったかというと、あまりそういうことはなく、これまでの部長の延長上で仕事をやっていたと思いますね。

ただその後、だんだんと仕事が変わっていくにつれて、ポストが重くなっていきます。

私は、総務人事部長で取締役になり、その翌年、無印良品事業部という営業本部長で取締役になりました。

そしてそれから2年後に、今度は流通推進という物流の役員で常務になってというふうに、担当が変わっていきました。

取締役となって、仕事が変わっていき、そしてポストが上がっていく。そうしていくうちに、だんだんと自覚が出てくるようになります。

最初に意識改革ということがあるわけではなくて、まずは責任感を持つことが一番大事だと思いますね。

ではこの責任感は、どうやって出てくるのかというと、当事者意識を持つことから出てきます。

役員になり、部門の責任者となると、責任感が出てきますが、それは当事者意識が反映されるからだと思います。この時に初めて自分が、組織の目的や、あるいは課題をどう解決していこうかというふうになってくるのですよね。

またその頃になると、自分は相当程度やらないと、経営者としての役割が果たせないということにも気づき始めます。

ポストアップと責任の範囲が広がることによって、取締役としての自覚が、だんだん出てきたというわけですね。ですから、取締役になった途端に、いきなり意識が変わりましたということは、私はあまりなかったと思いますね。