《第10回》ブラザー工業株式会社 代表取締役社長 小池 利和 氏

ブラザー株式会社 代表取締役社長 小池 利和様に、ご自身が役員になられた当時の思いや経営者として大切にしている力などについて、お話をお伺いいたしました。新任執行役員の方に向けての力強い動画メッセージもいただいておりますので、ぜひご覧ください。

インタビュアー:一般社団法人日本能率協会 井上

特別メッセージ動画 ~新任執行役員の方々へ

新任執行役員の方々へ向けて、動画メッセージを頂きました。
メッセージ動画やインタビュー全文は、メルマガ登録をしていただくと閲覧いただけます。

登録に必要なのはメールアドレスだけとなりますので、
ご興味をお持ちいただけましたら、是非ご活用ください。

役員になって変わった点とは?

<井上>
きょうの話の冒頭に、大所高所から見るということが出てきました。
小池社長が立場を変わられて、役員になった際、どんなことを心がけられましたか。

<小池社長>
私自身、役員になったから変わった、ということは特にないかもしれません。
というのも、実は私はこの会社に入るときから、将来は社長になろうと考えていたんです。

<井上>
今ではそんな人、少ないですよね。

<小池社長>
私が社長になり、引っ張っていかないとだめになると勝手に思っていたのです。
入社したときからそんな気持ちでいたわけですから、意識せずとも大所高所から見ていたのかもしれません。立場や役職など関係なしに自分の意見を主張していましたし、いろんなところに首を突っ込んでいました。

<井上>
今、日本能率協会では新入社員の調査をやっています。
将来は社長という人が少し増えたのですが、多分10%もいっていません。

<小池社長>
その10%の人たちも入社して5年も経てば、多くはめげるものです。

<井上>
30歳になったら、みんな現実が見えてきてほぼいなくなりますよね。

<小池社長>
ところが、入社3年目でアメリカへわたり新しいビジネスを始めることになり、それがうまくいったのです。そうしたら、本社から「しばらく日本に帰ってくるな。アメリカ人と骨を埋めよ」といわれました。それなら「仕方ないから、アメリカで天下を取るか」みたいな感じでいましたよ。すると、アメリカへわたって10年で、現地法人の取締役にしてもらいました。当時36歳で私が最年少でした。

<井上>
かなり早かったのですね。

<小池社長>
その7年後には社長になりました。本社の役職であればまだ部長クラスでしたが、本社の取締役であろうと部長であろうと、相手の立場など関係なく、言いたいことを言っていました。

<井上>
関係ないですよね。

<小池社長>
全く関係ありません。
失礼な物言いだけはなるべく避けていましたが、あまり耳触りのいいことはいっていなかったみたいです。
ブラジルが通貨危機に陥った時、本社から「ブラジルから撤退しろ」といわれたのですが、「嫌です」と答え、「お前、気が狂ったのか」と聞かれたら「いや、気は狂っていません」と返事していたようです。もちろん、簡単にあきらめるのが嫌で、何か打開策があるはずだとの考えのもとですが。

圧倒的な当事者意識とは?

<井上>
社長が「こうしろ」といったとき、「冗談じゃねぇ」と反論してくる人が出てくるのが、1番いいわけですね。

<小池社長>
そうですね。それも、自分の担当分野に関わらず、です。
きょう来ている人たちは、みなさん執行役員であっても、製造担当、開発担当、総務担当という肩書きが付いていると思います。
例え総務担当の執行役員であったとしても、製造や営業、人事など他のいろいろな仕事に口を挟み、あれこれ意見をいうことが大事です。担当部署の偉い人という枠から、抜け出さなければいけません。
そういうことをためらいなくでき、どんどん口を挟めるかどうかが、重要になるでしょう。私はこれを圧倒的な当事者意識と呼んでいます。
さらに上の立場になると、周りからしょっちゅう口を挟まれ、けんかになることもあると思います。でも、けんかをしてでも、真正面からコミュニケーションすることも重要なことなのです。

<井上>
今の部分はすごく重要なメッセージではないでしょうか。
私も執行役員の研修を何度もやってきましたが、会社の役員というよりも部門代表という意識を強く感じます。会社の役員と部門の責任者という立場を、切り分けできていないようにも見えました。
会社の代表として当事者意識を持たなければならないわけですね。

<小池社長>
日本で執行役員というと、どうしても部長と取締役との間のポジションという感覚がありますが、そこに少し疑問を感じることがあります。

<井上>
中途半端だからですか。

<小池社長>
中途半端というよりは、株主に対して責任を負うのが取締役、会社の経営に責任を負うのが執行役員、という役割・権限の区別を明確にすべきだと思っています。
執行役員は会社経営の責任者なのですから、自分の担当分野という殻に閉じこもろうとせず、会社全体を俯瞰する気持ちで仕事をしなければいけません。

執行役員に求められる4つの視点とは?