TOPマネジメント研修とは ― 役員いかにあるべきか ―

日本能率協会ではトップマネジメント(取締役・執行役員・経営幹部)の経営力向上が、
企業活力や競争力向上のための最重要課題であるとの認識に立ち、トップマネジメント対象研修を
35年以上にわたって実施してまいりました。

これまで10,000名を超える役員・経営幹部の方々が学ばれています。

加速度的に変化する経営環境において迅速な経営判断が求められる一方、
企業活動に対する社会の眼は日に日に厳しくなっており、トップマネジメントには、
より一層の高い使命感・倫理観が求められています。

また、グローバル化や社員の価値観、就業形態の多様化が進む中、明確なビジョンを組織に浸透させ実現する
高いコミュニケーション能力や、組織・人材に対する深い洞察が必要です。

日本能率協会では「役員いかにあるべきか」という問いから、企業の経営陣が
グローバル水準で互していくために必要な知識と心構えを身につけるプログラムを設計・提供しています。

経営者の果たすべき役割

役員・いかにあるべきか 表紙こんな幹部は辞表をかけ』という著作で日本にマネジメントブームを引き起こした畠山芳雄(当時:日本能率協会顧問)は、企業の飛躍の鍵として『役員いかにあるべきか』という著作で、変化に対応するために「経営への信念」と「基本の重要性」を役員の基本課題として重要性を訴えています。
役員・いかにあるべきか 抜粋1役員・いかにあるべきか 抜粋2

セミナー一覧