次世代を導く経営者のための「経営革新塾」

お知らせ
12月1日(金)~2日(土)が満席間近となりました。
お申込みをお考えの方は、お早めにお申込みください。

先見性を養い、競争優位に立つ

今後ますます不確実性が高まる経営環境、複雑かつ急速な社会変化や、ビジネスのグローバル化に対し企業の経営幹部には、これまで以上に先見性や自社の優位性を追及することが求められます。より視野を広げ、長期的かつ多角的に業界や自社の将来・成長、または変革を考える機会として当プログラムを開催いたします。

本セミナーのねらい

●社会、経済、経営について、一流の経営者・講師からの知的刺激により視野を拡げ、 不確実性の高い将来に対する先見性を養う。
●役員同士の他流試合から、自業界や自社を俯瞰し、グローバル、 異業種の視点や情報を取り入れながら、ビジネスの可能性、変革の方向性を探る。
●役員としての責務を改めて考える機会とし、将来展望を見通しながら多様で柔軟な戦略的思考を活性化させる。

概要

■対象:取締役、執行役員、または同等のお役職の方

■日程:
第6回 (1泊2日 合宿)
 1日目 2017年12月1日(金)
 2日目 2017年12月2日(土)

■定員:15名

■会場:庭のホテル(東京都千代田区)

プログラム

講 師※敬称略

岡田 正大

慶應義塾大学大学院経営管理研究科 教授 経営学博士


早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、
本田技研工業を経て、慶應義塾大学経営学修士(MBA)。
アーサー・D・リトル(ジャパン)社にてIT業界の戦略コンサルティングを経験後渡米、米国オハイオ州立大学でジェイ・バーニー教授に師事し、経営学博士号(Ph.D.)を取得して現職。

専門は企業戦略理論。近年は企業による経済的価値の増大と社会性追求の間に相乗効果が生まれる条件を研究。フィールドとしては新興国市場を中心に調査を行っている。
経済産業省新中間層獲得戦略研究会、同省BOPビジネス支援センター運営協議会、同省アフリカビジネス研究会、および同省中南米市場獲得における基礎的調査に係る有識者意見交換会委員。東南アジア、南アジア、アフリカを中心に国内外の営利企業・非営利組織のフィールド調査を実施中。

〈主な著書・論文〉
「新たな企業観の行方:CSVは企業の競争優位につながるか」ダイヤモンド・ハーバード・ビジネスレビュー(2015年1月号)
「仕事に役立つ経営学』(共著)日経文庫(2014年)
「企業戦略論-競争優位の構築と持続(上・中・下)」 翻訳(ジェイ・B・バーニー著,ダイヤモンド社,2003)

藤山 知彦

国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター 上席フェロー


1975年3月 東京大学 経済学部経済学科 卒業
1975年4月 三菱商事株式会社 入社(調査部)後、経営計画室、社長室会事務局、MCNプロジェクト室、企画調査部産業調査チームリーダーを歴任。
1993年4月 泰国三菱商事会社 業務部長(在バンコク SIAM MC TRADING社長を兼務)
1997年3月 三菱商事株式会社 企画部 企画室長、その後、戦略研究所長、中国総代表補佐(在北京)をつとめ、2004年7月インター・アクティブ株式会社 代表取締役社長 就任。
2005年4月 三菱商事株式会社 国際戦略研究所長、2008年 執行役員 国際戦略研究所長 、2010年 執行役員 コーポレート担当役員補佐、2013年6月 常勤顧問となる。
2016年4月より現職

【現在の兼務】 東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員、国際基督教大学外部評価委員

【主な過去の公務】
2011-14年 公益財団法人 国際金融情報センター(JCIF)理事
2013年 総務省ICTコトづくり検討会議委員
2014年 経済財政諮問会議 成長・発展ワーキンググループ委員

松村 啓史

テルモ株式会社 代表取締役  取締役顧問


関西学院大学経済学部卒。
1976年、テルモ(株)入社。2001年、執行役員 経営企画室長 兼 研究開発センター部長、その後、取締役 専務執行役員 研究開発本部管掌 兼 ホスピタルカンパニー統轄を経て、2014年より取締役 副社長 執行役員 ホスピタルカンパニープレジデントに就任。2016年より代表取締役 副社長 執行役員 渉外、総務部、ダイバーシティ推進室、営業管理部担当(現在)。
日本経済調査協議会 委員、日本輸液製剤協議会 副会長、東京医科歯科大学 大学院 非常勤講師、北里大学 非常勤講師等も務める。

〈主な著書〉
「幸せ交渉術」
「リーダー湿布」
「未来を拓く 愛と希望の看護:‐松村流 悩める看護管理者への処方せん」
(いずれもメディカ出版)等

全体ファシリテータ 網倉 久永

上智大学 経済学部 教授


一橋大学商学部卒業。
一橋大学大学院商学研究科博士課程単位修得、千葉大学法経学部経済学科専任講師・助教授を経て、1997年上智大学経済学部経営学科助教授。
2000年より現職。
その間、ペンシルベニア大学経営大学院客員研究員 (1992-1993)、カルロ・カッタネオ大学客員教授(2000-2001)、カリフォルニア大学デイビス校客員研究員(2007)。
最近の研究テーマは、組織能力の構築と競争優位の維持。

サブコンテンツ

このページの先頭へ