経営者・幹部の組織・人材革新セミナー

トップマネジメントが主導する組織・人材戦略とは

対象 取締役・執行役員・経営幹部の方々
日程(2日間通い) D-40: 2017年11月28日(火)~29日(水)満席間近
D-41: 2018年 9月27日(木)~28日(金)
D-42: 2018年11月27日(火)~28日(水)
※時間はいずれも9:30~17:30
(初日のみ18:30まで名刺交換会)
定員 36名
会場 日本能率協会 研修室 ほか

トップマネジメントには組織・人材を通じて企業価値を創出することが求められます。日本企業の競争優位の源泉は人材であることは論を待ちませんが、その人材もモチベーションや環境によって倍にも半分にもなり、企業の成長や発展に多大な影響を及ぼす要素になります。
本セミナーでは、組織・人材革新においてトップマネジメントに求められる視点と戦略的行動について、豊富な事例解説と受講者相互のディスカッションを通じて体系的に学ぶとともに、組織・風土改革と業績向上を実現した経営者の体験を通じて考察を深めます。

講 師(敬称略)

河合 太介

人と組織のマネジメント研究所
株式会社 道(たお) 代表取締役社長


金融系総合研究所、外資系コンサルティング会社を経て、現職。
現代社会の職場の問題を指摘し28万部超のベストセラーとなった「不機嫌な職場」や、本田宗一郎氏をモデルにしたビジネス寓話「ニワトリを殺すな」が11万部超になる等、著書多数。
早稲田大学大学院 商学研究科MBAコース非常勤講師として「企業価値向上のための人材マネジメント」、「リーダーシップの現場」の科目担当。

〈主な著書〉
「不機嫌な職場」
「フリーライダー」
「経営者になるためのノート」(柳井正 著)解説
「サバイバル脳」
「ニワトリを殺すな」
「デビルパワー・エンジェルパワー」
「よくわかる成果主義」
「この先10年給料はどうなる」他

〈リアルケーススタディ/ゲスト講師〉
日置 政克

コマツ 顧問


1975年 コマツ 入社
1979年 人事部人事課
1986年 英国コマツ株式会社
1990年 コマツドレッサーカンパニー 人事ディレクター
1995年 経営企画室渉外・提携・新事業G主査
1997年 経営企画室コーポレートカルチャー部長
2002年 広報・IR部長
2004年 執行役員 人事部長
2008年 常務執行役員
     コンプライアンス、法務、人事・教育、安全・健康管理管掌
2012年 顧問(現職)
2014年 THK株式会社 社外取締役(現職)

受講された方の声

●企業は人が命。人財開発に対する経営資源の配分に関し、
  しっかりコミットする覚悟が求められている

●当社において、経営戦略と人事戦略との連動が
  必要かつ喫緊の課題であることが分かった

●実例を基にしたエッセンスを学び、組織革新の原点を確認できた

●人事経験はないため、今回のセミナーは勉強になった

●自分の持つ課題に落とし込んで、活用できそうなアイデアが多かった

プログラム

サブコンテンツ

このページの先頭へ