経営者・幹部の経営戦略セミナー

経営戦略におけるトップマネジメントのイニシアチブとは

対象 取締役・執行役員・経営幹部の方々
日程(2日間通い) B-59: 2018年 1月25日(木)~26日(金)
B-60: 2018年 8月 7日(火)~ 8日(水)
B-61: 2018年10月15日(月)~16日(火)
B-62: 2019年 1月24日(木)~25日(金)
※時間はいずれも9:30~17:30
 (初日のみ18:30まで名刺交換会)
定員 36名
会場 日本能率協会 研修室 ほか

近年の経営における外部環境の激しい変化に伴い、トップマネジメントは海外展開、事業再編、異業種への参入、成長分野への投資など新たな打ち手とともに、構造も的確に変革していかなければなりません。
企業の全体最適・将来最適を見据えながら限られた経営資源の配分と有効活用を考え、優先順位を決断する。まさにトップマネジメントの見識と判断力、責任感が問われる時代だと言えます。
本セミナーでは、経営戦略の策定・実行・評価において、トップマネジメントに求められる視点と行動を、知識と豊富な事例解説、受講者相互のディスカッションを通じて総合的に学びます。
さらに、構造改革と業績向上を実現した経営経験者の体験を通じて考察を深めていきます。

講 師(敬称略)

菅野 寛

早稲田大学 大学院経営管理研究科 教授


東京工業大学卒、同大学院修士課程修了。
株式会社 日建設計に勤務後、カーネギーメロン大学にて経営工学修士号取得。その後、ボストン・コンサルティング・グループにて、日本、欧州、米国、アジアの経営課題を対象にコンサルティングを提供。
2008年より一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授。2016年より現職。経営コンサルタント経験に基づく「理論の現場における実践」にフォーカスした講座を教えるとともに、複数企業に経営のアドバイスを提供。
著書
 『BCG流 経営者はこう育てる』(日経ビジネス文庫)
 『経営の失敗学 ~ビジネスの成功確率を上げる~』(日本経済新聞出版社)

<リアルケーススタディ/経営者講演> 石川 祝男 

株式会社バンダイナムコホールディングス 代表取締役会長


1955年生まれ 山口県出身
1978年 関西大学 文学部独逸文学科卒業
      (株)ナムコ<現(株)バンダイナムコゲームス>入社
1995年 同社 取締役 第二開発部門担当
1999年 同社 常務取締役 研究開発生産管掌
2002年 同社 常務取締役 AMカンパニープレジデント
2005年 同社 代表取締役副社長 コンテンツ事業管掌
2006年 同社 代表取締役社長
2009年 (株)バンタイナムコホールディングス 代表取締役社長
2010年 (株)バンダイナムコゲームス 代表取締役社長
2012年 同社 取締役会長(平成25年3月退任)
2015年 (株)バンダイナムコホールディングス 代表取締役会長(現職)

プログラム

1日目 9:30~17:30 ※17:30~18:30名刺交換会

1. 経営戦略とは何か

①このプログラムで学ぶこと
【ケーススタディ】 M社
 ・事業目標の設定  ・顧客の定義
 ・提供価値の定義  ・競合の定義
 ・競合優位性の構築 ・フィージビリティ・チェック
③戦略的思考とは
 ・考える力の醸成  ・フレームワークの功罪

2. 全社戦略
①全社戦略とは何か
 ・事業戦略と全社戦略の違い

3. コアコンピタンスを認識・育成する
①SP(strategic positioning)とOE(Organizational Efectiveness)
②コアコンピタンスの認識
③コアコンピタンスと事業多角化

4. 経営環境を正しく認識する
①メガトレンドの意味するところ
②グローバル火の意味するところ

【リアルケーススタディ】 「経営者講演」

2日目 9:30~17:30 

5.ケーススタディ R社
①事業目標の設定
②顧客分析
③提供価値の定義
④競合分析
⑤競合優位性の構築
⑥経済性分析
⑦競合のリアクション

6.イノベーションのマネジメント
・ビジネスにおけるイノベーションとは
・半歩先のイノベーション
・イノベーション思考

7.バリューチェーンとビジネスモデル
・バリューチェーンとは
・ビジネスモデルの組み立て方

8.ケーススタディ X社
・グループワーク
・ロールプレイ

9.まとめ

受講された方の声

≪プログラム全体について≫

●1つの事象に多面的に検討することにより、違うアイデアが生まれる。
●論理的に解決できるのは簡単な事象と分かった。いかに目的から考えるか。
●深く考えることができて、とても考えさせられる討議だった。
●講師の生の声はとても心に響いた。
●ツールにこだわらず・使われずという点に共鳴した。
●具体性がありやりがいがあった(ロールプレイに現実味あり)。
●異なる業種の違いと共通するアイデアを聞くことができ有意義だった。

≪経営者講演について≫

●表には成功したことは出てくるが、経営者の苦悩の一端を感じることができた
●リーダーとしてバラバラになりそうな社内をひとつの方向に導いていく貴重なお話しを聞かせていただいた。
●実体験からのお話はとても興味深かった。
●当事者のお話しは、重みがあった。
●失敗からの立て直しを具体的に聞けて良かった。創業社長ではない考え方が勉強になった。
●苦しい時の“心持ち”について非常に参考になった
●石川氏のような経営者のお話を聞く機会少なく、大変新鮮であった。

<事務局コメント>
20年後も経営者として使える経営戦略の思考法を伝えるという講師の
真摯で深い洞察のもと、2日間徹底した思考の演習を行います。
2日間プログラム以上の価値があると思います。
オブザーブも承っておりますのでお気軽に事務局にお問合せください。電話03-3434-1955

サブコンテンツ

このページの先頭へ